安全防災方針

eco-tit01-01

私達は安全と健康の確保は企業の社会的責任と認識し、快適で働きやすい職場環境
を実現するとともに、事故・災害の防止に向けて不断の努力を行ないます。

eco-tit02-01

1)

安全最優先を徹底し、事故や違反を絶対に起こさない、起こさせない。

2)

安全衛生関連法令や作業手順を遵守し、安全・衛生の確保に努める。

3)

安全・衛生に関する教育、啓蒙活動を継続的に実施する。

4)

リスクの低減を図り、安全で快適な職場環境をつくる。

5)

防災管理体制を整備し、役割・責任・権限を明確にする。

6)

安全・衛生・防災教育、訓練の充実を図る。

safe-tit03_24

 ■2019年■

「慣れた作業が危険を隠す 小さな油断が事故の元 初心忘れず安全作業」

safe-tit04_24

■2019年■ 

 1)

  元気で明るい職場を作る

・元気で明るい職場を作るため「安全スローガン」、「安全の誓い」を常に掲げる
・従業員の健康管理を推進し、安全で快適な職場環境を確保する

 2)

  重篤災害を未然に防止する

・リスクアセスメントのレベルアップを図り、また作業手順を確認・遵守し、安全を確保する
・災害原因を徹底分析し、事例を活かした具体的な再発防止策を策定する

 3)

  教育で安全人を育てる

安全会議等で安全教育を実施し、個々の安全知識、意識、感性の高揚を図る
・活発な職場パトロールによりリスクの芽を摘む
・トラック・荷役車両の運転者・操縦者を対象としたコンテストを開催し、安全意識及び技術の向上を図る

 4)

  協力会社と安全の連携を深める

・安全協力会(災害防止協議会等)活動の活性化を図る
・協力会社が自主的な安全衛生活動に取組むよう、働きかける
・初めて入構する乗務員等に教育をし、彼らの安全を確保する

  5)

  防災管理体制の整備と防災教育・訓練の充実

・管理体制の役割・責任・権限を明確化する
・防災訓練をより充実したものとする

  6)

  物流品質・事故管理委員会活動を通し、物流品質の向上を図る

・同一形態の事故再発防止に取り組む
・恒久的な事故撲滅対策を立案・実施する

 平成30年1月1日
日本製紙物流株式会社
総括安全衛生管理者

Top