環境への取り組み

 日本製紙物流株式会社は「日本製紙グループ環境憲章」の理念に従って行動することを本としております。

 

日本製紙グループ環境憲章 理念

「私たちは、生物多様性に配慮した企業活動を基本とし、長期的な視野に立って、地球規模での環境保全に取り組み、
循環型社会の形成に貢献します。」

 

日本製紙物流グループ環境憲章 基本方針

1.CO2の削減に取り組み、車輌などによる大気汚染防止を一層推進します。
2.省エネルギー、古紙利用など、限られた資源の有効活用を推進します。
3.企業活動に伴って発生するあらゆる排出物、廃棄物を管理し抑制します。
4.環境と調和した車輌、荷役機械の利用を推進します。
5.環境関連法令及び規制を遵守します。

 

グリーン経営認証取得への取り組み

日本製紙物流株式会社は環境への取り組みの一環として
運輸子会社も含めグリーン経営認証取得を推進しております。


     グリーン経営認証ロゴマーク2 海運-倉庫-認証マーク

  CO2排出削減への取り組み

日本製紙物流株式会社はエネルギー原単位で各事業部毎に対前年比1~2%削減を
目指しております。
製品の荷降ろし、積み込みで使用するフォークリフトには環境にやさしいバッテリー車を
広く採用しております。
運輸子会社ではデジタコ、エコタイヤを導入し継続的なエコドライブを推進し、
CO2排出量の削減及び燃費向上に向けた取り組みを実施しております。

 

省エネ・古紙再利用への取り組み

省エネ対策として休憩時間での消灯、クールビズ、ウォームビズに取組み、
夏場の設定温度28℃、冬場は18℃にすることで、省エネに努めています。
事務所等で発生する古紙は紙種類別回収箱を設置し、リサイクル紙原料として
利用しております。

 

グリーン経営認証登録番号   

本 社   W130016-1(4)
関東事業部 堀船倉庫、国立倉庫、 所沢倉庫、青柳倉庫 W130016-2(4)
富士事業部 1号倉庫、八代倉庫  W130016-3(4)
関西事業部 園田倉庫、大東倉庫 W130016-4(4)
岩国事業部 港倉庫 W130016-5(3)

 

Top